赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 17日

甦る斜めストライプ!185系A8編成、521Mに充当

先頃、チタ区の185系A8編成(10連)が斜めストライプの俗に言う「旧塗装」を纏って出場し話題となりました。
個人的にまず気にかかったのは、今や東海道線東京口における唯一の185系充当普通列車である「521M」への登板であり、
それも平日・土曜はB編成(7連)+C編成(5連)充当で日曜日のみA編成(10連)という限られた機会であるだけに、
果たしていつになるのか・・・と思っていた矢先のまさに本日、その521Mに斜めストライプも眩しいA8編成が充当されたのです。
c0155803_21455411.jpg

これについては本日早朝に仲間より「知り合いが昨晩、チタ区留置のA8が「伊東」表示であるのを目撃した」という怪情報が
もたらされたものであり、521Mなら平時でも偶に見かけるから・・・と軽い気持ちで出勤がてら地元駅のホームで構えていましたが、
やはり数年振りともなる斜めストライプの現出には軽く興奮を覚えずにはいられませんでした。

185系の旧塗装・・・いわば「踊り子色」とも言うべきものですが、それは私にとって最も身近な「特急形車両」のビジュアルのそれであり、
旧来からの伊豆方面の旅行に際しては必ずと言ってよいほど斜めストライプの特急「踊り子」号への乗車機会に恵まれただけに、
私の中では「185系=斜めストライプ」といった図式があるのも事実であり、現行のような緑と橙のワンポイント塗装となってからは
親しみも薄らいでしまいました。しかし本朝に目にした懐かしいその出で立ちに、改めて185系の存在感が奮い立たされたのです。
c0155803_2146561.jpg

185系における斜めストライプのデザインはシンプルでありながら、「踊り子」色としてのアイデンティティの主張がしっかりとなされ、
21世紀の今日においても遜色の無いものです。他方、普通列車への間合い使用を前提とした性格が設計思想に反映されたが故、
転換クロスシートという1980年代製造の「有料特急」にあるまじき遜色感タップリのアコモデーションとなったてしまった面もあり、
それは民営化後も永らく継承されたままとなってしまったのです。とは言うものの、家族旅行で乗車した185系のアコモ云々に
当時の純真無垢?な私が不満を抱くであろうはずもなく、特急「踊り子」号への乗車機会に素直に満足していたはずです。

とはいえ、それが社会的に受容され得るものか・・・といえばそれにも限界があり、後年になってようやく回転式リクライニングシート
装備へと更新され、面目をほどこしたのです。本朝に目にした521Mにおける斜めストライプの艶姿は、まさにそんな生い立ちの
一端を想起させるものであり、「還って来た踊り子号」の感を強く覚えざるを得ません。夏はまだ始まったばかり、これからA8編成は
沿線各所でレイルファンの想い出に残るシーンを現出させ続けることでしょう。そして最後に、斜めストライプが「現役」であった頃のカットを少々・・・。
c0155803_21403940.jpg

★川奈の鉄橋「赤入洞橋梁」
c0155803_2141895.jpg

★石橋山「玉川橋梁」
やっぱ斜めストライプはサイド気味から・・・ですね。どちらのカットも天候がイマイチですが、昨今のシーズンはさぞや傑作が生み出される事でしょう。
嗚呼、あのミカン山にもう一度上りたくなってきた!撮影に際しては暑さ&熱中症対策を万全にして、どうかご安全に・・・。
[PR]

by ar-2 | 2011-07-17 21:51 | その他の鉄道 | Comments(2)
Commented by 通りすがり at 2011-07-18 09:16 x
こんにちは。

>185
国鉄末期とはいえ随分あかぬけた車両だなと思いました。
白地に緑の斜め帯・同時期の117の様な猫顔マスク・大きな電動幕表示器…
元を辿れば随所に先々代の157の特徴と共通した部分も見られますよね、平成世代なら東海の373が少し近いところでしょうか?
置換えされた253や予定の651を考えれば185もいつまでも安泰とはいきません。
早い内に『はまかいじ』乗っとくかな……
Commented by ar-2 at 2011-07-18 23:18
通りすがり さん、こんばんは。

185は、その「置換された」某系による代替も画策されていたのですが、或る大人の事情によって
現時点まで延命されている・・・と言われる背景もありますから、実のところ先行きが最も不透明な形式でもあります。
とはいえ、先手に越した事はないですからマッタリ愉しむなら今の内ですね。
私も久々に「燃え」そうな実車ネタに色めきを隠せません(笑


<< A8編成「旧塗装」復刻・・・そ...      「継続」するということ >>