赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 10日

春旅!西国に路面電車を追って(1日目広島編その4 市内東半分を周回)

c0155803_22592533.jpg

1日目広島編その3

昼食の後、3号線に乗車して広島港(宇品)を目指します。



c0155803_2312428.jpg

その広島港(宇品)はフェリーターミナルと結節した2面3線を擁し、高い上屋とも相俟って堂々たる佇まいがあります。ここへは1・3・5号線の3系統が発着しますが、来る4/11のダイヤ改正でこの体系に変更が生じ、つまり3号線については朝間以外は宇品二丁目止まりに区間短縮、5号線についても広島港行を減らし宇品二丁目止まりとするそうです。旅客の流れとしては私が見た限りでは、確かに広島港行において宇品二丁目より手前の県病院前などでの下車が目立ったりもしましたが、宇品二丁目を境にして極端に減る事はなく、旅客流動とそれに関わる利便性とのバランスが改正後にどうなるのか、注目されます。
c0155803_17515739.jpg

広島港(宇品)でしばしウォッチングの後、5号線でとりあえず上り、途中で3000形の下りと離合したので折り返しを迎撃しようと宇品二丁目で下車。ところが肝心の3000形はナカナカ来ず、どうやら時間調整で留置せれている模様。そんな中で対向にやってきたのが画像の350形です。1958(昭33)年にナニワ工機で3両が製造されたオリジナル車で、今も全車が健在です。当日は352とこの353の稼動姿を見かけました。当初は850形と称し宮島線直通車として用いられましたが、現在は市内線専属です。車体全長12Mジャストは単車としてはミニマムなほうですが、ヒロデン単車の高齢化「車」界にあっては比較的若い?せいか、活発に運用されているようです。ヒロデンオリジナルのベージュとグリーンのツートンカラーを有するのは、今や稼動車では被爆電車650形とこの350形のみです。
c0155803_17524848.jpg

3000形はいよいよ戻ってこないので諦め、さらに5号線で上って比治山下まで。ここで対向にやってきたのは1900形です。京都市電1900形がその出自でして、形式自体は不変ですが車番はヒロデン入りにより1901~へと揃えられ改番されています。京都市電1900形は900形後期車の一部のワンマン化によって生まれた改造形式ですが、総16両中1両が勾配を逆走する暴走事故で廃車となった他は残る15両がヒロデンに移籍し、今もその全車が健在。これはヒロデンにおける移籍車では最多勢力を誇るものです。

車齢で見ますと900形として製造されたのが1957(昭32)年なので若いほう(といっても半世紀選手)ですが、15両中2両が1977(昭52)年にヒロデン入りし13両は翌年の京都市電全廃後に移籍していますから、これは他の移籍車もそうですが出身地よりもヒロデンにおける稼動期間のほうが俄然長くなっています。路面電車の耐久性というものを私はよく知り得ないのですが、「高速性能」が過剰に求められる分野ではないが故に、それこそ太古のシステムでも生き残れる現状が「長持ちの秘訣」なのかなとも思いました。
c0155803_013450.jpg

1900形は市内線の千田車庫と江波車庫に配されているので、市内線の全域に亘ってその姿を見ることが出来、1900形同士の続行や離合などは日常的なもののようです。その15両全てに京都に因んだネーミングが付与され掲示されている他は差異が乏しく映りますが、そんな1900形にあって明確?な形態差がこちら。画像は1908の京都時代のワンマン化で埋められた後部出入台ですが、その部分の側窓がはめ殺しとなっているのがお判りいただけりでしょうか。この仕様なのは1908唯1両のみです。
c0155803_0144376.jpg

そしてこちらは1908以外の14両の後部出入台部分、ヒロデン入りしてから二段の開閉窓に改造されスッキリしています。1900形は千田車庫と江波車庫の双方に配置されているので市内線全域でその姿を見ることが出来、遭遇率&稼働率は高いものです。私が当日記録した画像をチェックしてみましたところ、捉えられなかったナンバーは僅か15両中3両のみでした。
c0155803_029883.jpg

比治山下の電停からは案内看板を頼りに比治山の展望台を目指します。ここは桜の名所でもあるわけですが、まだ五分咲きといったところ・・・。展望台からは広島市内のパノラマが拡がります。画像は京橋川を望んだもので、遠くに稲荷大橋を渡るヒロデンの姿も見えます。
c0155803_0342057.jpg

比治山展望台を下り、比治山橋から5号線で的場町、2号線に乗り換えて八丁堀東へ。ここで模型店を覗きます。広島バスセンターのコインロッカーに朝方に預けた荷物をここで引き取り、紙屋町西から2号線で銀山町までリバース。徒歩でホテルに向かいチェックインします・・・が小休止も束の間、再び市内に繰り出し「夜のお散歩」へと始動します。

1日目広島編その5につづく)
[PR]

by ar-2 | 2011-04-10 00:43 | 外出・旅行 | Comments(0)


<< 春旅!西国に路面電車を追って(...      春旅!西国に路面電車を追って(... >>