2010年 09月 24日

久し振りのお湿り

本日(というか昨日)は朝から安定しない陽気でしたが、先日竣工した東武8000系2Rの試運転ということで大井町のイモンさんに出かけてきました。
余談ながら昨日のアクセス数・・・過去最高の「大台」でした。何処かにまさか貼られてしまったのでしょうか(汗



c0155803_02889.jpg

まずは横浜から先の記事でも触れた京急の神奈川駅へ。
現駅舎は何度も見ていますが、記録に至ったのは実は初めてのこと。なんというか、やっぱチョンマゲにしか見えません(涙
c0155803_0315154.jpg

でもって神奈川と言えばここですよね・・・遅めの昼食を摂るべく味奈登庵さんに入店。
c0155803_0331379.jpg

あの「富士山盛り」で名を馳せる同店ですが、以前にその富士山盛りで遭難しかけ「蕎麦はしばらくイイ」と私に言わせしめた、
それはまさに味奈登庵のリーサルウェポン。故、今回は(も)大人しく「大もり」(¥400)で・・・これでも通常の2~3人前に相当します。
c0155803_0362750.jpg

品書きに何となく目を通していたら、「上かけ」なるメニューが。具材の無いのが「かけ」である前提ですが、その上級品とは何ぞや?
次回はこれにトライしてみましょうか。ちなみに味奈登庵さんのオススメは「つけ天」(¥700)。天ぷら4品+もりそばでボリュームがあります。
c0155803_0392465.jpg

腹を満たして京急で鶴見へ・・・。
c0155803_0402052.jpg

JR鶴見駅東口の駅ビルはついに姿を消しました。ここに「横浜模型」がテナントとして入っていたのも遠い記憶・・・。
c0155803_0411678.jpg

某店に立ち寄りの後大井町へ。早速試運転開始です。画像手前は旧作の8Rで奥が今回作の2Rですが、その2Rの連結部字幕は
悪フザケで「● ●」にしてみました。これはJRの字幕で言う「これ以上巻くな!!」の警告表示に相当するもので、東武車の字幕の
前後端に大きな穴が2つ開けられているコマがあり、それの再現です。てか、このパターンを収録しているクロポの東武3050系用
ステッカーも大概なわけですが(笑 貼り付けの際には裏面を黒もしくはグレーで塗ると可視的です。
c0155803_0464558.jpg

10Rに組成しての走行はノントラブルで快調そのものです。
c0155803_047431.jpg

今回の持参車両は東武オンリー。拙作の野岩60100系登場時の2Rを、某氏の6000でサンドイッチして貰い懐かしいビジュアルを再現!
c0155803_0485465.jpg

美味しそうなセイジクリームの面々。左の2000系は某氏の手になるもので、右の8000系2種は拙作。
3本とも屋上の造形に差を見せているのもポイントです。しかし2000・・・再生産しないかな~。
c0155803_0504276.jpg

〆はもう1両増結して・・・。しかし702のシクレを引くとは!(私ではありませんゾ)
何だかんだで1弾からの銚子をコンプしているので、702のシクレも何とか揃えたいところです。

お疲れ様でした!
[PR]

by ar-2 | 2010-09-24 00:56 | 外出・旅行 | Comments(0)


<< 日本の秋、嵐電の秋      記憶と記録の中の駅舎たち >>