赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 30日

悩める西行

例の記乗、入手の雲行きが怪しくなってきました。定額小為替での普通郵便発送が間違いだったようで・・・。
ちなみに現金書留は通常郵便における速達と「同等」の取扱いになりますので、現金書留の速達は「超速達」になるとかならないとか。
そんなこんなのアツい7月28日の様子は・・・

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100728_kon_ohmitetudo/

c0155803_011552.jpg

ところで8月末の西行ですが、第1日目の内容が「実車取材」以外に白紙であるという状況からこの部分をどうしたものかと思案するに至り、
未だに私の脳内私鉄図鑑においては濃紺とクリームツートンのままの「山陽電鉄」への乗車を考えました。ちなみに同電鉄のイメージは「関西の京成」。
救いようが無いぐらい地味で目立たない印象が強く、挙句に職員接遇の評判も今一つ。地下線で街区中心部に乗り入れるところも似ていて、
それでいて車両にはしっかりと独自色が反映されているのですから、やはり「関西の京成」的ポジションなのでしょうか。
ただ「本家」は今やグループ新線を手中にし、国際空港アクセス鉄道として世間の脚光を一気に浴びるスターダムにのし上がりましたが・・・。

一応私自身は自他共に認められたい?私鉄ファンの端くれですので、何だかんだ言っても同電鉄への興味は尽きないものです。
ここで自動的にスル関の「2dayチケット」行使(1dayの設定は無い)と相成ったのです。が、本旅程における行使の日取りは1日間しかありません。
とはえ本チケットは「連続していなくても」2日間有効ですので、来年の5月までにまた使えば・・・と考えました。

ところが、これまで通りに京急の品川駅階下有人改札で「2day」を求めて券裏面を見れば、なんと有効期間が半年ではありませんか!
そう、これまでの使用実績では例年4月1日から翌年5月1日までが有効期間だったのですが、今回購入券は本年10月31日までとなっているのです。
8月末の催行から2ヶ月後・・・ううむ、1日分使用後早々にヤ◎オクで1日分額面即決で売り飛ばすか、無理矢理自身で消化するか・・・。

それならいっそ普通に乗車券を購入しながら・・・と言えど、このようなフリー券の場合は乗車券購入によるタイムやコース上での種々のロスや、
気分変更による逆走や面倒な乗車変更においてもスムース且つフレシキブルに対応しうる事が最大最高のメリットなのです。
ですが2日間有効なのに1日間しか使用しないのは勿体無さすぎですよね・・・。モトをとる云々以上に気にかかってしまいます。
そんなこんなで旅立ちまであと約1ヶ月、大雑把にして綿密?なプランの醸成にはまだまだ程遠いようです・・・。
[PR]

by ar-2 | 2010-07-30 23:55 | 多事壮言(旧・雑言) | Comments(2)
Commented at 2010-07-31 07:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ar-2 at 2010-07-31 20:55
↑さん、こんばんは。

なるほど(笑 しかし旧グループ車両の去就も気にかかりますね。
菊水山越えも新ルートに移って久しいですし・・・。しかし、その線形や特殊性にもまた興味惹かれます。

今回はホントにどこを巡ればいいんだろ?と悩ましい限りです(笑


<< ザ・客車デー?      かんばい!! >>