赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 26日

聖地へ

先日の某コミックで「旅立ち熱」が一気に噴出し、これまでその機会を密かに伺っていた紀行を実行に移すこととしました。
事は先日、勤務予定の確認の折にお約束の平日公休ながらも「連休」がたまたま入っているのを確認。そこに先日のアレがありまして、
一気に計画の具体化、立案、そして実行への運びとなったのです。当初は深く考えずに「ドリーム&ひかり」なる企画乗車券を購入したのですが、
企画乗車券故に種々制約がある割には割引率(値引き額)がそれほどでもなく、利用時期が閑散期ともなれば尚であることに気付いてしまったのです。
c0155803_21195435.jpg

なので結局最も合理的で機動性の持てるパターン・・・ということで、手数料承知で払い戻しのうえ買い改めました。
往路の「ドリーム京都」はそのままですが、復路は普通乗車券+新幹線自由席特急券の組み合わせです。
では、何故「ドリーム&ひかり」が向かなかったのか。それは復路(かえり)の新幹線券が、途中駅からの乗車が認められないということ。
すなわち東京~京都の設定ですと、京都(京都市内)からの乗車以外は無効となってしまうからです(窓口確認済)。
となると、京都から豊郷(米原乗換、近江鉄道)へはJRも別途運賃で向かわねばならず、京都~米原が片道¥1100で往復では・・・となると、
割引の企画乗車券を用いた意味は全く無くなるのです。それに、再び京都まで西下せねばならないなんてのも非効率過ぎです。

尤も、そんなことは購入する前に・・・ってのが普通なんですがそこはワタクシ、仕様なんですよコレが(笑
往路の夜行バスも正直色々キツくなってきたんですが、やはり朝着いて用が足せるのは有り難いですし、3列シートなだけまだマシかと。
で、当然現地では「花園」に泊まるのかと思えばさにあらず、別の宿です(汗 「花園」自体が結構イイところのようなのですが、
それより何より個人客向けの和室宿泊プランが無いのです。このあたりは無理もないんですが洋室では味が出ない?ので、
すっぱり他所にスイッチしました。とりあえず「花園」は後刻の楽しみということで(いつ実現するんだ?)・・・。

もちろん、「けい◎ん!!」厨的な目的以外にも近江の220とか叡山電車とか、鉄道ファン的な楽しみも盛り込んでいる(つもり)のです。
早番勤務後に一旦帰宅し再上京のうえ出発。眠れぬ夜行バスで現地着し1泊、新幹線で帰浜し翌日はまた早番・・・と息つく間もありませんが、
後々の予定やらを勘案すると「もう今しかない」というのが決め所だったのです。2期が終わったからといってモチベーションダウンの心配はありませんが、
それより何よりモタモタしていたら「泣く子はもっと泣く」修学旅行&紅葉シーズンに突入してしまいます。そんな季節に誰が好んで行くのか、と。

そんなわけで3冊のコミックが超絶展開をもたらしました。あとは無事催行されることを祈らんばかりです。
[PR]

by ar-2 | 2010-06-26 21:30 | 外出・旅行


<< 「ありがとう運転」の顛末      読書の夏(違 >>