2009年 10月 26日

仙台往還(後編・その1)~ 東北本線のお味はいかが(2009・10・20旅行記)


仙台駅仙石線ホームでRT-235編成の後姿を見送った私は、橋上跨線橋へと直結するエスカレータを上り、駅本屋コンコースへと戻ります。



c0155803_21583183.jpg

本当に久し振りの来仙。ゆっくり市内観光や牛タン、できれば一泊…といきたいところですが、明日が出勤ともなればそうもいきません。
ですがやはり来仙の雰囲気は味わいたく、駅頭に出てみれば相変わらずの偉容。ラッシュ時ということもあり人波も続きまさに東北随一の都市の様相。
ここ仙台には地下街というものが無く、それゆえ未だに地上のアーケード「クリスロード」(旧・本通り)等が栄えています。
といっても地下街の計画が皆無だったかというわけでもなく、実はその計画時期に静岡市内紺屋町で発生した、
あの忌まわしい地下街ガス爆発事故が契機となって、仙台における地下街計画自体が取り止めになったという経緯があるのです。
c0155803_2159814.jpg

ひっきりなしに車両の出入りするロータリーに目を転ずれば、エアロスターⅠもまだまだ健在!素晴らしいです。
c0155803_22495493.jpg

そういえば来仙時からマトモな食事を摂っていませんでした。画像はメイン改札を入ってすぐ右にある立ち食いそば店「杜(もり」です。
NREに蚕食された首都圏のユーザからすれば、このように地域の業者の頑張っている店舗は頼もしい限りです。
ここで摂ろうかとも思いましたが、早朝到着時にホーム上のオープンスタンドのそば店を現認していますので、そちらに向かいます。
※追記:ここ「杜」には、我孫子にしか無いと思っていた唐揚げそばがあるらしいと後日知り…食べてみたかったです。
c0155803_2211535.jpg

在来線ホーム(東北上り)へと下りれば…いました、杜の都のニューフェイスですね。E721系というらしいのですが…。
あれれ?721って北海道の…と考えるのはどうもアタマが古いようで、207系も異会社で存在することと理屈は同じようです。
そういえば今はもう殆ど残存していないですが、お座敷のJT客車でも「同車番」のクルマが居ましたねぇ。
まあ管理上は問題無いのでしょうけど…いらぬ拘りは鉄道に惚れこんだ者の性故か、「第2」の721系を目にして色々回想してしまいました。

それとこのE721系、前編でも少し触れましたが腰が本当に低いです。これは言うまでもなく嵩の低い「汽車ホーム」へのバリアフリー対策として、
乗降口のステップを廃するがためのスペックでありましょう。後日某氏に教示いただいたのですが、やはり車輪も通常より小径であるとのことです。
そしてこの「低床電車」が6連で仙台駅ホームに進入してくる姿は、はっきり言って日本離れしています。まるで海外のよう(行った事ないですがw)!
それと蛇足ながら有井には無理なプロポーションかと(笑 もしこのモデルが有井製でベストプロポーションになったならば…奇跡でしょうね。
c0155803_2213795.jpg

こちらは快速「南三陸1号」です。跨線橋の発車案内を目にして飛んで行ったんですが…キハ58じゃないじゃ~ん(泣
そうです、私は浦島太郎なんです。笑ってやってください…。
c0155803_2385612.jpg

そしてお待ちかねの東北本線上りホームに在するオープンスタンドの立ち食いそば店、駅弁業者「こばやし」の営む「蔵王めん茶屋」です。
駅そばは旅先における私にとっての主食ですが、やはりオープンスタンドってのは風情があって良すぎですね(笑
このような様式の店舗はもう首都圏では殆ど見られないのではないでしょうか?開放感もありますし、車両との距離が近いのも嬉しいです。
c0155803_23124261.jpg

ここでは「野菜かきあげ天そば」(¥330)をチョイス。お値段も手頃ですし、「エビ天かきあげ」も同価格なのが素敵です。
見た目は濃い関東ツユのオーソドックスなものですが、そのシチュエーションの良さや空腹とも相俟って、アッと言う間に平らげてしまいました。
c0155803_23152588.jpg

腹も満たし、いよいよ関東へと戻るべく南下です。事前のプランはゼロ、まさに思いつきのノープラン状態…。
まずは9:01発の426M白石行ですが、いきなり「オールロング」の701系…いい度胸です(笑
このまま一気に記事化したいですがゴメンナサイ、時間切れです(睡眠時間を優先せざるを得ませんので…)。
続きはまた後日!

追記:その1ってことは…いつまで引張るんだろ(汗
[PR]

by ar-2 | 2009-10-26 23:15 | 外出・旅行 | Comments(2)
Commented by nari-masa at 2009-10-27 22:18
こんばんは。
オープンスタンドの駅そば屋さん、好きですね。関東では小山駅の両毛線ホームにありますよ。先日食べました。東北上りホームにもあったような気がしますが、定かでありません。
北陸では・・・富山駅(駅改装中なので変動あり)、金沢駅、福井駅ですね。北陸本線起点の米原駅にもあります。終点直江津駅は昔、1番線ホームにあったのですが、今は駅舎の外です。
あとは長野駅の新幹線ホームにもありますね。さすが信州というべきでしょうか。
Commented by ar-2 at 2009-10-27 23:23
nari-masaさん、こんばんは。
>小山駅の両毛線
そういえば帰京時…見えました。それと同駅東北本線上りホームにも確かにありますね。
どちらも帰京時に目にしていたはずなのに、今更ながら思い出しました(汗 
特に本線上りホームのスタンドでは、かつて「餃子そば」なるものも扱っていたとか…?

長野の新幹線ホームは意外ですね。在来線ホームのスタンドでは新幹線開業前に賞味した記憶があります。
「てぼ」が竹製のもので何とも風情があり、そばも首都圏のものとは全く別格の風味であったことを思い出します。


<< 仙台往還(後編・その2)~白石...      ある解体場のハナシ >>