赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 18日

黄色いお店・茶色い電車

c0155803_15594165.jpg

本日未明?の予告通り外出してきました。といっても都内ですが。
日頃の通勤で往復しているのに態々休みの日にまで…と思わなくもないですが、本日を逃すと暫く時間が取れそうもないのでムチ入れて出発。

まずは湘南新宿ラインで北上します。



c0155803_163524.jpg

かぶりつきです(笑 これは下車駅の階段の位置とかでそうしただけですが、偶にかぶりついてみると楽しいですね…年甲斐もないですが(笑
画像は小杉新駅の建設現場です。切り替えられたB線(下り線)が手前に見えますね。ここでの工事は日中も行われていまして、
B線のみはここで徐行の措置がとられています。こういった記録もやがては貴重になってゆくのでしょうね。

そういえば先日から山手線に阪急みたいなのが(違 走り始めたらしく、私も出勤時に一度だけ目にしたことがあります。
今日は運行されているのかなぁ?などと巡らせていたら…
c0155803_1610371.jpg

アッー!

しかし判別不能orz
まぁコレはこのまま周回しているでしょうから後回しとし、本来の目的地に向かいます。
c0155803_16275143.jpg

でもって渋谷で井の頭線に乗り換え。ホームにはカウントダウンに入ったとも言われる3000系が!
更新で本来の湘南顔はもう過去のものとなりましたが、いわゆるフタ昔前のステンレスカーとして貴重な存在です。
c0155803_1631510.jpg

その3000系には乗らずホームで暫く列車観察。画像は1000系ですが、これは3000系の残党を置き換えるべく増備されているグループです。
従来の1000系と大きく異なるのは、ビードの無い車体にフルカラーLEDの表示類や車内へのLCD装備。
それと前面貫通扉の柱がブラックアウトされているので、パッと見が前面二枚窓に見えるのが特徴的です。
この後、左側のクリーム色の編成で下北沢へ。下北沢といえば言わずもがなの黄色いお店。ここで目当てのパーツを購入。再び渋谷へ戻ります。
c0155803_16443671.jpg

本当は西落合の総本山にも行こうかと思っていたのですが、阪急みたいなの(←しつこい という伏兵の出現により予定を変更。
昼食を済ませたり書店を流したりの時間調整ののち、下りたのは目黒駅。ここから恵比寿方向に進めば程なくその場所は現れます。
「白金桟道橋」。むしろ、山貨を跨ぐアーチ橋と言ったほうがイメージが沸くかも知れません。今回の撮影はここから。
c0155803_165192.jpg

ややケーブル類がウルサいですが、緩やかにカーブを描くここのロケーションは好きです。
「鉄道ファン」誌の1988年8月号(№328)の106項に、白金桟道橋から三島富士夫氏が撮影されたカットがあります。
氏らしい標準レンズによる伸びやかな構図、走る電車はカナリアの101系でバックにはサッポロビールの恵比寿工場が見えます。

そして2009年。サッポロの工場跡はガーデンプレイスとなり、走る電車も何代かの変遷を辿りました。
しかしここで描かれる線形は恐らくあの当時と変わっていないのでしょう。往年のイメージ再現というには近代的なスタイルが不釣合いですが、
久々に復活した山手線のチョコレート色の電車は、これもまた当時から不変であろう白金桟道橋の下を颯爽と駆け抜けて行きました。
c0155803_179881.jpg

帰宅後、購入したパーツを開封…有井のTR69台車です(167系からのバラし)。
下北の黄色いお店では完成品メーカーのセット物の単品売りばかりか、その車両自体を分解してASSY状態での販売もしています。
こんなの需要あんの?と以前は私もいぶかっていましたが、今やこうして当て込んでいるのですから商売が巧いと思います(笑
とはいえどんなアイテムでもあるというわけではなく、在るものはあれど勿論その逆もあります。
パーツ状態ではなかなか入手しづらいものもあると思いますので、興味のある方は覗かれるとよいでしょう。

そのTR69は先のクハ455-700(連結妻がDT32だった)に充当…ものは同じですから無加工ですが、集電板やスプリングを状態の良いほうで纏め、
装着させました。ようやくこれで正調状態になりました。いつぞやには北陸祭りも展開したいですね。


おまけ
c0155803_1721797.jpg

いつも暗くて判り辛かったんですが…江ヶ崎陸橋の本格的な解体が始まったようです。
[PR]

by ar-2 | 2009-09-18 17:22 | 外出・旅行


<< 始まった!ツルバーウイーク      ツルバーウイーク前 >>