赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 09日

発売予浩

鉄道模型の製品化・発売情報で最近気になったものなど…。

・クロポ 東武10000更新
板キットかと思っていたら何と一体なのね。力入っているなぁと思うも、どうも更新はピンと来ないタイプなのでスルーでしょう。

・トミー ユーロライナー、ユーロピア、その専用機(DD51、EF65)
実はGMのユーロマニキットのストックがありまして、そういえば有井のユーロピアが…と思った頃にはすっかり品切れていました。
トミー旧製品とGMマニの色合いはかけ離れていたものの、カトーのEF65はGMのユーロと同調であったという何とも珍妙な相関ではありましたが、
トミーの新規展開は果たしてこれらを一発解決(要は色合い)してくれるでしょうか?モデルの設定時期は足回りグレー化後とのことですから…注目です。

・GM 京急N1000ステンレス
6月予定が7月下旬に延びたものの、サンプル等の姿を見かけないベールに包まれたアイテム。
足回りは完全流用と見込まれますが、注目の上回りの仕上がりや果たして。価格についてはもう諦めていますが、
姑息な4連(M)+4連(T)でお茶を濁すか、8連(M)+4連(T)のフルでIYHしてしまうか、決断にはまだ時間がかかりそう?です。

・トミーテック 鉄コレ気動車
…勝手にシークレット予想。ソースもなければインサイダーでもないので念のため…。
 東武キハ2000旧塗装
 鹿島の色違い
 国鉄キハ04の鉄道省仕様(茶色に三等帯)
シクレが何であれ、とりあえずキハ2000は欲しいですね。待っていたわけではありませんが、某キットに手を出さなかったのは幸運でした。

・カトー 683系スノーラビット
最初は3度目の生産かと思ったのですが、なんと待っていた683系仕様じゃないですか!
ちなみに681系の同仕様は最初の生産時から時間も経過していたのですが、何とか見つけて数百キロ離れた模型店から通販で入手したくらい。
3セク鉄道においては破格の「超高級車両」であり、本家とは異なるクリムゾンレッドを纏ったアイデンティティ溢れるカラーリングが魅力的です。
私にとって数少ないというか、まさに例外中の例外でもあるJR世代製の「好き」な車両なのです。

製品が多々ラインナップされるのはともかく、チャンネルを絞らないと財布がいくつあても足りなくなります(汗
ちなみに上記のなかで購入確定なのはN1000くらいでしょうか…人間の欲望とは際限の無いものですね。
[PR]

by ar-2 | 2009-07-09 23:02 | 多事壮言(旧・雑言)


<< 市電のある動物園      京急500形・初期(その5) >>