赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 25日

北陸への路

去る5月の飯田線行も記憶に新しいですが、既に来る8月の盆シーズンの旅行計画が浮上しています。
言いだしっぺの某氏が幹事というか「幹事基準なので各自工夫の事」と。要は宿泊地と呑み場所だけは決まっていて、
あとの道中は好きにしなさいよ、というものでしょう。判り易く言えば「出張呑み会」?みたいなものでしょうか。
で、今回の訪問エリアは北陸。というか富山地鉄のレッドアローが幹事の目的らしいです。
地鉄は私も過去に乗車したことがありますが、レッドアローの入線前でした。もう随分以前のことです。

一応の基準行路では、早朝にこちらを発って高崎~上越~ほくほく線経由で富山へ到るというもの。
基本は18きっぷ使用ですから、ほくほく線のみは別途運賃を支払います。富山で宿泊の後は高山本線で岐阜へ抜け、
名古屋で二回目の宿泊。そして3日目に東海道~天竜浜名湖鉄道を経由してこちらに戻ってくるという案です。
ところが同行の別の某氏は各自工夫というコンセプトに呼応?して、「能登」か何かで金沢に先着し北陸鉄道を堪能する由。
そうか、それなら私も私なりに楽しみたいと思いプランを練ってみました。

A案…「ムーンライトえちご」に乗車し、折り返し新潟~長岡~直江津で富山に到るもの。日付変更駅の高崎まで別途運賃¥1890を要するが、
必要経費と割り切れば無問題(ほくほく線も別途だし)。これだと富山着が10:04で基準行路よりも4時間早着できる。

B案…「ムーンライトながら」に乗車し、大垣~米原~敦賀~福井で金沢に到るもの。小田原までの運賃を含めても、
北陸への到達時分という点では経済的な案。金沢着は10:10で、北陸鉄道の廃止予定区間や元京王3000、元東急7000の
東急車輛コンビを堪能できる。たっぷり半日遊べて金沢を16:00に発てば富山には17:04着。上手く組み立てれば高岡の万葉線も楽しめるかも。
c0155803_21594042.jpg

北陸の私鉄ということで、18年前(平成3)の画像を紹介しましょう。アルペンルートへの家族旅行で、単独行動で巡った折りのものです。
上段は富山地鉄の電鉄富山で撮影した元名鉄の14710形。現場の方は「イチヨンナナトー形」と呼んでいました。いわずもがなの吊り掛け電車。
下段は北陸鉄道浅野川線の上諸江で撮影した5100形。Hゴム多用の「北鉄スタイル」も今や過去のものとなってしまいました。

18年後の今、上画像の車両はもうありません。
しかし、前述の如きの東急車輛コンビや地鉄の元京阪3000(Ⅰ)、レッドアロー、さらには富山港線の生まれ変わりのLRTや、
新生万葉線の姿も見てみたい!地鉄の市内線も忘れちゃいけません。見所イッパイ、北陸の私鉄はまだまだ面白そうです。
[PR]

by ar-2 | 2009-06-25 22:36 | 多事壮言(旧・雑言)


<< 江ノ電1501F出場!~甦るサ...      横浜市電 >>