赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 29日

一枚のきっぷから

c0155803_18492115.jpg

世は大型連休です。
私は仕事柄…ですが、今年は肩透かしを喰らった?ようです(謎
まあ連休の後半に赤日は集中しますからまだ何ともですね。それとも、今話題の「1000円高速」が今年の大型連休の主流なのでしょうか。
それはさておき、私自身もナマイキにも後半の赤日に外泊を伴う呑み鉄に出掛けてきます。行く先は飯田線…。

一昨年の8月にも野郎3人で訪れた飯田線with佐久間レールパーク。名古屋に建設される新博物館への発展的解消による閉園が迫る同パークですが、
今年いま一度再訪しようという企画が持ち上がり、更には鶯巣付近の線路付け替えによる廃線跡の探訪も盛り込むという欲張りなプランとなりました。
しかし…月日の経過は容赦の無いものでして、一昨年の道中で途中区間のワープに用いた「伊那路3号」のスジなのですが、
最新の時刻表をめくってみれば運行時間帯が日中から夜間へと、大幅にズレています。

端から新幹線で赴くような道中ならいざ知らず、今回もまた乗車券のみによる移動が基本(前回は18切符使用)ですから、
この「伊那路3号」スジの変移はまことに痛手です。というわけでレールパークと廃線跡探訪のダブルプランは断念せざるをえず、
一応レールパークはオプションという形で残して廃線跡探訪にチャンネルを絞ることとなりました。
それと今回が前回と大きく異なるのは、18切符ではなく普通乗車券を用いる(というかそうせざるを得ない)ということでして、
画像の如きの券面となりました…。私自身このような乗車券を手にするのは初めてでして、大いに旅情を掻き立てられます。
c0155803_1911336.jpg

画像は一昨年の道中の2日目、宿泊地の平岡を後にして単行の119系で飯田に向かう車上で撮影したものです。
涼やかな空気の夏の日の朝の単行電車。
トンネルを抜ければ見はるかす山峡の真っ只中に、満々と深緑色の水面を湛えた天竜の渓。
それはあたかも一幅の水墨画のよう…刹那に展開した絶景に、歓声を上げた記憶がありありと甦ります。
今年も、あの絶景と再び会い見えられるでしょうか…。
[PR]

by ar-2 | 2009-04-29 20:00 | 外出・旅行 | Comments(0)


<< 夢の街、夢の国、夢の跡 ~ドリ...      或る休日の寄り合い >>