赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 19日

「遺す」ということ

一昨年の夏に仲間内で訪れた「佐久間レールパーク」が、11月でクローズとなることが公となったようです。
昨晩の寄り合いでも話題になった「JR東海博物館」への発展的解消ともとれますが、単なる一ローカル線に過ぎなかった飯田線の活性化の源ともなり、
多くの鉄道ファンにその名を知らしめた事実を忘れることはできません。初代社長・須田寛氏の尽力もまた同じく。

動かなくなったクモハ12041、解体されたゴハチ…悲しい話題のなか、言われるようにこれが「最後の仕事」となるのか…。
さようなら、佐久間レールパーク…再び、名古屋の埠頭で…。
[PR]

by ar-2 | 2009-02-19 23:00 | 多事壮言(旧・雑言)


<< 東武6000系の再生(其の2)      「そこにグラス(酒)があったか... >>