赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 14日

お知らせ

弊ブログについては、本日付で更新を停止します。

→第2期はこちら!
[PR]

# by ar-2 | 2015-03-14 20:43 | その他 | Comments(0)
2015年 03月 11日

さようなら、モハ220

良くない報せというものは大概「急」です。

間近に迫った首都圏白紙改正と同じくのタイミング、即ち3月13日(金)をもって近江鉄道モハ220形が定期運用を離脱する事が発表されていました。

まあその気になれば・・・無理矢理にでもポカ休して最後のお別れを敢行する事も不可能ではありません。
しかし私が最後に近江入りしたのは2011(平23)の9月・・・既に3年半も前の事。これだけのインターバルがあるにも関わらず、死に目だけでもというのは虫が良すぎでしょう。
c0155803_14102054.jpg

・2011年2月2日 高宮にて モハ226

モハ220という電車は、見た目が凡庸なだけにその魅力は実際に接し得た者にしか解りませんでした。江州の大地を席巻する雄々しき吊り掛け駆動の嘶き然り、その見た目以上の秘密(側板の切り貼りや唐竹割り、FS40最後のモータ稼動台車etc)を知れば知る程、モハ220の「ピリリと小粒」な存在に大いに惹きこまれたのです。
c0155803_1414581.jpg

・2011年2月2日 豊郷にて モハ226

現在稼働しているモハ220は4台とのことですから、機関車代用であった221号を含めた6両のうち、この3年半で2両が落ちたわけです。私が訪れた頃はモハ220にカメラを向けるファンは圧倒的に少なく、訪問時が平日メインであったというのもありましょうが、およそムーブメントの喧騒というものは皆無であり、実にマッタリと接する事が出来たのは幸せでした。
c0155803_1454214.jpg

・2011年9月30日 彦根にて モハ226/モハ222

そうであれば尚の事・・・最終日の喧騒で「夢」をブチ壊したくはありません。
400キロ以上離れた地から、あの日々の思い出を胸に・・・さようならモハ220形、お疲れさまでした。

※今後は定期運用離脱後も機関車代用として残存する可能性がありますので、全廃を意味するものではありません。
[PR]

# by ar-2 | 2015-03-11 14:55 | 近江鉄道 | Comments(2)
2015年 03月 10日

本日の・・・

手許で積んであるだけの、いわば動力化見込みの無い鉄コレ類を近日中に売却処分するつもりだったのですが、職場のレクリエーションで公休日に都内くんだりまで出向く機会があったのを思い出し、その折に先送りする事としました。それはさておき・・・
c0155803_22312813.jpg

本日は訳あって遅めの出勤。しかし定時には何故か間に合うと言うw
画像はその折の戸塚駅で機せずしての遭遇!これもあと数日で終了です。そして・・・
c0155803_22324390.jpg

東京駅京葉地下ホームに降りれば同じ形の車両が居る。
この通勤経路の妙ゆえ成せる奇妙な巡り合わせの日常も、間もなく終焉を迎えます。そして絶妙のタイミングでのカトーのE257-500製品化発表・・・運命を感じます。でもウチは買わないけどねww
c0155803_22355345.jpg

画像は先週金曜日の「カシオペア」ですが、このところ例のEF510のピンチヒッターとしてパーイチの活躍がめざましく、お召ガマ然り、星ガマ、虹ガマ、そしてヒサシガマと何でもアリの様相を呈しています。これとて「北斗星」定期運行までのリミット付ですから、まさにその終末の狂い咲きといえましょう。「カシオペア」の行く先の未来は決まっているようなものですから・・・。
[PR]

# by ar-2 | 2015-03-10 22:39 | 激震!2015・3ダイ改総合 | Comments(0)
2015年 03月 07日

鉄道博物館へ行ってきました(終章・美しきかなEF81 81)

・鉄道博物館に行ってきました(その1・埼玉入りが久し振り過ぎる件)
・鉄道博物館へ行ってきました(その2・保存車両の視るべきポイントをズラしてみる)
・鉄道博物館へ行ってきました(その3・てっぱく落穂拾い)
・鉄道博物館へ行ってきました(その4・新幹線高架下で本気出す)


本日の〆はやはり動く車両を?ということで、EF81牽引で話題になっている「カシオペア」を見に行くこととしました。田端には6台のEF510が居ますが、うち半分の3台が入場や故障で運用を離脱しており、「北斗星」が3月改正まで定期で残る以上は予備機を含めると3台のEF510ではまわせなくなるわけで・・・ここにEF81がまさかの登板相成ったという事のようです。
c0155803_1714841.jpg

大宮からE231のボックスに座ってトロりとしつつも、尾久で同業が集まっている姿を見つければ眠気も吹き飛びます。どうやら「カシオペア」客車への機関車連結が間もなくのようで・・・
c0155803_1724283.jpg

するとやってきましたEF81 81!!(画像は後打ち)
機関庫側から一旦青森方に引き上げて転線し、連結されます。
c0155803_174115.jpg

それにしても「大宮の本気」というか「田端の底力」というか、細部への色挿しの徹底さ加減然り、昨年8月の出場から半年以上が経っているにも関わらず、遠目に見ても何と艶やかで血色の良いこと!
c0155803_175593.jpg

びゅーてぃほー!!
c0155803_1755324.jpg

連結するで~
c0155803_176994.jpg

連結完了!!
E26系とEF81のカップリングは運転開始当初以降見られましたが、専用塗色機や星ガマ牽引とは違い、銀帯を入れた高貴さが漂うお召仕様機の牽引は風格に満ちています。いや、美しい・・・。
c0155803_179266.jpg

とりあえずは上野へ出ようということになり、16:20の発車まで小一時間あるな~などと頭端ホームのそばで待ちぼうけかと思いきや、何と15:30過ぎにはもう入線し客扱いを始めました。13番線の入線列車が時間帯的に少ないのもありましょうが、何とも優雅でサービスに満ちています。そしてホーム先端は案の定の様相ですw
c0155803_17124417.jpg

「北斗星」の廃止とリンクしてやにわに注目を浴び始めた「カシオペア」。
1999(平11)年7月16日の運行初日にも私は上野駅13番線で「カシオペア」を見送ったクチですが、あれから16年、思えば随分と時が経ったものです。精悍なパーイチの顔立ちに過ぎ去りし日々の感傷は駆け巡り、群がるギャラリーに夜行列車終末の実感を噛みしめるのです。
c0155803_17243290.png

あまりの美しさに打ちひしがれ、感激する。
私が記撮に及ぶのは、そういった瞬間なのだなと思います。
c0155803_17265333.jpg

その後は得も言われぬ充実の余韻に浸りながら久々にアキバへと出、ひとしきり巡回してから某様が見つけたという唐揚げのお店へ。画像のブツが名物のようですが、見ての通りですからイチイチ剥かねばならないので正直大変です(汗
c0155803_17261228.jpg

その後は真っ直ぐ帰るだけ・・・のはずが、何と間の悪い事に「ホームライナー逗子」の発車30分前に東京着してしまうという(爆 衆議一決、さっそくライナー券を求め列に加わります。
c0155803_1730784.jpg

金曜日だからというよりは、ウチら含めてのヲタのお名残り乗車もあるせいか普段より混んでいるそうです。東京駅乗車客の割り当ては後部の4・5号車ですが、乗り口は4・5号車どちらにもあるので結構早くに席が埋まります。
c0155803_1732960.jpg

新橋で3号車、品川で1・2号車に旅客が乗車すれば、あとは大船までノンストップ。
やはり普段のローカル帰りとは異なり駅という駅を通過するのが新鮮で、アッという間に大船に着いてしまった感があります。でももうこれも来週一杯でジ・エンド。博物館行で始まった1日は充実に終わりました。

c0155803_22491664.jpg

おまけ:

大船のホームに見慣れない「新宿」行が・・・。
はて、またダイヤでも乱れたのかと思いきや、何と21:31発の所定で金曜日運転の臨時電車「花金電車」なのです。といっても金曜日ならいつでも運転されているわけではなく、期間限定なのだとか・・・。新宿到着後は折返し大船行となるようで、思わぬ列車の存在に認識を新たにしたのです。
[PR]

# by ar-2 | 2015-03-07 17:43 | 外出・旅行 | Comments(0)
2015年 03月 07日

鉄道博物館へ行ってきました(その4・新幹線高架下で本気出す)

・鉄道博物館に行ってきました(その1・埼玉入りが久し振り過ぎる件)
・鉄道博物館へ行ってきました(その2・保存車両の視るべきポイントをズラしてみる)
・鉄道博物館へ行ってきました(その3・てっぱく落穂拾い)


お帰りはニューシャトルに乗らず、某氏もおすすめの徒歩コースを辿ります。
c0155803_16205543.jpg

大宮工場の北端に保管車両が肩を寄せ合っているエリアがあります。
しかし塀が身の丈以上でして・・・まずは門扉の隙間からパパラッチ!
c0155803_16221432.jpg

次いで門扉の下からパパラッチしたら枯草にピントが!(爆
c0155803_16224839.jpg

三度目でパパラッチ成功!
手前は操重車のソ300で、奥に見えるのは301系の先頭車ですな。
因みに割と最近にガスタービン車のキハ391とED16 10が解体されてしまったそうですが、ED16に関してはもう十数年前に4号機も一足先に解体されています。ということは大宮にはED16が2台も保管されていたわけで・・・。確かに青梅に1号機が居ますからダブりといえばダブりですが、その法則で当て嵌めると今現在大宮に残っている保管車両も先は危ういかも知れません。
c0155803_16252195.jpg

高架下側に少し移動してパパラッチすると何とも美味しそうな客車が!
c0155803_1625586.jpg

・・・と言ったら不敬罪になってしまうでしょうかw
手前に見えるのは御料編成に連結される供奉(ぐぶ)車の344号です。いわば侍従といった随行員が乗車する車両です。次いで奥にかけてEF15 192、オハ35 2001、EF80 36、EF58 93、角度的に見えませんがEF60 510と留置されています。
c0155803_1628232.jpg

ここでこれらの車両の公開時の艶姿を公開!!(何 無論全てウチの撮影です。
先ずは供奉車344号の海側です。
c0155803_1629362.jpg

そして同じくの山側ですが、この時は見ての通り何と体験乗車列車に供されています。左の青色はやはり保管車両のスハフ42で、現状は知り得ません。
c0155803_16295034.jpg

EF15 192(右端)です。
文化むらに165号機が保存されていて、且つその際に高崎で保管されていた200号機が解体されているのを考えると、よく残っていると思います。左端の茶色のゴハチ(125号機)も大宮の保管車両でしたが、既に解体され現存しません。真ん中の青大将の93号機は大宮のヌシみたいなものですが、安住の地が無い現状では先の事は判りません。
c0155803_1632384.jpg

EF80 36です。
同形のラストナンバーである63号機が文化むらに保存されているのを考えると、よく残っていると思います。
c0155803_16331711.jpg

EF60 510です。
文化むらに同形の501号機が保存され、更には19号機が動態保存されているのを考えると、よく残っていると思います。「ダブり」という同条件にして、戦後製の新性能機よりも頑丈に造られていると察されるED16が2台とも残らなかったのは、何とも不思議というか「大宮ならでは」の拘りがあるようにも思えてなりません。
c0155803_16391251.jpg

現在の高架下に戻ります。
EF15 192とEF80 36に挟まれているオハ35 2001は、釜石線に復活したC58 239と一緒に盛岡市の県営運動公園に保存されていたものです。一度廃車になった半鋼車の車籍復活は不可能に等しいものがありますが、今後の去就が注目されます。
c0155803_16443192.jpg

大宮工場北端を離れ、大宮駅方向に更に進んで大栄橋へ。ここは直下が工場敷地になっています。
c0155803_16452277.jpg

5月の大型連休頃に収蔵予定というムーミンはお色直し中・・・。
c0155803_16464924.jpg

そして大宮駅西口に出、画像のショウルームへ・・・テックステーションでしたっけ。
この後は最近EF81牽引にシフトしているという「カシオペア」を捉えに行きます。

終章に続く)
[PR]

# by ar-2 | 2015-03-07 16:48 | 保存車両を訪ねて | Comments(0)
2015年 03月 07日

鉄道博物館へ行ってきました(その3・てっぱく落穂拾い)

・鉄道博物館に行ってきました(その1・埼玉入りが久し振り過ぎる件)
・鉄道博物館へ行ってきました(その2・保存車両の視るべきポイントをズラしてみる)
c0155803_15234521.jpg

クモハ101の連結妻前の壁面に、201系の顔があります。といっても本体はハリボテで、本物であるのは字幕類だけです。するとおもむろに回転し始め・・・
c0155803_1526484.jpg

ま~わる~
c0155803_15262630.jpg

ま~わる~
c0155803_15264577.jpg

ま~わる~

・・・で終了。
何というか唐突すぎるというか・・・。とりあえず空いているスペースに何か置いておかないと手持ちぶさた的な匂いがしなくもない。
c0155803_15265939.jpg

これもそんな一品。
2階だか3階の一角に現れる201系のシート。解説があるだけ救いとはいえ、唐突すぎて混乱しそう・・・。関心がなければ単なる休憩スペースにしか見えず(事実、床面には飲食禁止の旨ある)いずれは撤去されそうな気もします。
c0155803_15305734.jpg

館内には食事処が2個所あります。
まあそれは兎も角・・・
c0155803_15313241.jpg

その2個所ともアルコールの提供が平日に関しては16時からという。
逆に土休日は終日解禁となるわけですが一体なぜ?これについてはあくまでも推測ですが、当日もそうだったのですが平日は幼稚園児等の遠足の団体客が多いと言うこと。そこにアルコールを帯びた老害が「邪魔だ!!五月蠅い!!静かにしろ!!」などと常識人気取りで発狂する可能性も否定できず、そうなった際に提供した側の責任等が拘束力云々に関わらず問われるわけで。なので自衛でそうしているのではという事です。
c0155803_15393763.jpg

館外に接する通路は、車両の搬出入を考慮して開口部が大きくなっています。
c0155803_15401829.jpg

交通博物館時代から引き継いだ資料を詰め込んだ部屋があります。
私的に興味を惹いたのはこれ・・・「特ロ」の座席だそうです。スロ54かスロ60あたりのものか?
c0155803_15411880.jpg

これは蒸機の旋回窓。
銀河モデルのパーツにそっくりです(爆
c0155803_15415353.jpg

四ヶ郷(しかごう)の駅名板が何故こんなところに・・・。
c0155803_15432769.jpg

縦型駅名板も大量収蔵!!
c0155803_15422898.jpg

いわきにしごう(磐城西郷)→現・新白河
ひがしなすの(東那須野)→現・那須塩原
たいら(平)→現・いわき
みほ(三保)→廃止(清水港線)
c0155803_15575768.jpg

そんなこんなで一通りの見学を了した所感・・・
鉄道に興味の無い向きは楽しめるだろうけど、いわゆるコア層にはどうなんだろうっていう。
まあウチにはそのへんで草臥れている廃車体のほうがお似合いなのかも知れません(何

その4に続く)
[PR]

# by ar-2 | 2015-03-07 16:14 | 保存車両を訪ねて | Comments(0)
2015年 03月 07日

鉄道博物館へ行ってきました(その2・保存車両の視るべきポイントをズラしてみる)

・鉄道博物館に行ってきました(その1・埼玉入りが久し振り過ぎる件)

早速入場となるわけですが、ここもICシステムという執着ぶりで、招待券と引き換えに窓口でICカードを受け取り、それを用いて入場するという仕組みです。先ず目に入るのは右手のマイテ39 11ですが・・・
c0155803_14392269.jpg

その手前には有井の1号機関車がw
c0155803_14412517.jpg

マイテ39 11の一等展望室は「悪趣味」「霊柩車」とdisられて止まない桃山風造りですが、ウチ的には全然有りです。むしろ何かにつけてやたらウッディー感をゴリ押ししてくる現代のコンセプトトレインの類のほうが余程悪趣味かと。
c0155803_1442526.jpg

芦野公園に残っていたオハ31 26は車内に津軽鉄道時代のダルマストーブが点対称で残っていて、穴埋めとなる座席が無くやむを得ずそうしているのであれど、何となく中途半端な印象が拭えません。
c0155803_14462788.jpg

クモハ40074。貴重な半流が残ったのは嬉しいが、やはり動態保存時を知っているだけに物悲しさもあります。40054とは生き別れになっちゃったし・・・。
c0155803_14472916.jpg

気動車旧標準色を纏ったキハ41307(→キハ04 8)。
国鉄→遠州鉄道→北陸鉄道→関東鉄道→筑波と5者を渡り歩いた経歴の持ち主です。
c0155803_1449585.jpg

運転台を見れば明らかな液体式。
これは他ならず、北陸鉄道入線に際して液体式に改造されているからであり、外見の国鉄時代とは矛盾しここでも中途半端さが出ています。
c0155803_14525380.jpg

時代がグッと下がってレムフ10000・・・総11両と案外少数派です。
c0155803_14545248.jpg

乗務員室をチェックします。
中央に鎮座するのは石油ストーブ、左奥の別室は便所、その右に配電盤、備品収納箱と続きます。備品収納箱の上に載っているのは何だろう?
c0155803_14564381.jpg

別角度から。
執務机と椅子、そしてその脇には仕様で灰皿ですw
いうまでも無くここは「勤務場所」ですが、今とは時代が違います。
c0155803_154035.jpg

続いてナハネフ22 1です。
三段式の枕木方向という寝台配置は10系ハネのそれと同じですが、中段が10系ハネのような座席状態の背摺兼用ではなく、折り畳み式で専用に設けられています。上段は当然固定。
c0155803_15720100.jpg

その寝台状態。
「走るホテル」という20系のフレーズが耳に残りますが、寝返りも打てない寝台幅52センチのカイコ棚が、果たして本当にホテルであったのか疑わしい気もします。一等寝台(登場時)の個室群は確かにそれなりの居住性があったわけで、恐らくそのあたりの評が独り歩きして定着してしまったのではと思うのです。
c0155803_15114367.jpg

クモハ101-902車内の広告枠に収まる旧っるい路線図!
c0155803_15133281.jpg

何が何だって凄えのは洋光台止り!
ということは1970(昭45)~73(昭48)年の間で・・・
c0155803_15142564.jpg

南武線の快速(初代)は1969(昭44)~78(昭53)年の間なので上記期間にも当て嵌まり・・・
c0155803_15151234.jpg

東京競馬場前が廃止されたのは1973(昭48)年だからやはりその3年間における時期のものでしょう。
ちなみにウチは未だその頃生まれていませんがw

その3につづく)
[PR]

# by ar-2 | 2015-03-07 14:35 | 保存車両を訪ねて | Comments(2)
2015年 03月 07日

鉄道博物館に行ってきました(その1・埼玉入りが久し振り過ぎる件)

c0155803_1333392.jpg

昨年12月の予告の通り、昨日に地元の某様と鉄道博物館へと出掛けてきました。

まず某様からは大船始発のSSでの大宮入りが提案されましたが、オフの日にまでラッシュの時間帯に関わるのは御免だ!として激しく抵抗w 結局家事云々を口実にウチは遅れて東京経由で、某様は先行して所定のSSでと別個で向かったのですが、SSは輸送障害で10分以上遅延し後発のウチとの差が縮まるというスッタモンダの末、上野からガラガラの高崎線に乗り赤羽で某様が合流したのです。
c0155803_1462211.jpg

ようやく大宮着。
c0155803_1464479.jpg

大宮に楽しい所は、このように「あずさ」色のモハユニットや・・・
c0155803_1471684.jpg

205系各色など、無秩序的に色んな入場車が見れるところ。
して、205系は・・・
c0155803_147591.jpg

車番はクハ205-107ってあるけれど、これって埼京線のラス1のやつ?
因みに隣の武蔵野線色は増発用に充てられる元ナハ車のようです。
c0155803_1410997.jpg

西口からニューシャトルの乗場に向かいます。
シーサイドラインやゆりかもめと同じゴムタイヤのあれですね。しかしこの3者の中ではニューシャトルが元祖です。
c0155803_1411371.jpg

ニューシャトルの大宮駅はループ状で、それに接して改札からホームまでがストレートなのが特徴。銀座線の渋谷駅にもこんなかんじの改札があるのを思い出しました。パッと見は階段だけですが、左端にスロープがあり車椅子対応もなされています。
c0155803_14143100.jpg

このループ線、新幹線高架の真下に位置しますから、ニューシャトルが潜り込んでくる様がとってもユニーク!
c0155803_1415636.jpg

「ニューシャトル」が字幕?で「行先」が看板とかよくわかりませんなw
c0155803_1415446.jpg

着きました。
c0155803_1416743.jpg

新幹線高架を挟んだ大宮方面行にはゴムタイヤプレハブが!まるで中央線みたいw
c0155803_1419048.jpg

「無節操な衆愚の傍若無人な立ち居振る舞いによって一部保存車両が公開中止に至るという博物館とは名ばかりの糞テーマパーク」

それが開館から8年目を迎えた「鉄道博物館」へ私が抱き続けてきた偽らざる所感です。
糞テーマパークへ逝きたいならば京葉線舞浜駅で強制下車すべきです。この考えは絶対に曲げません(謎
c0155803_14225464.jpg

今回とて、某様のご招待ありきですから、これが無ければ永遠に入館しなかったであろう可能性を否定しません。鉄道趣味繋がりであれ人並み?の付き合いのあるウチの周りに限って見ても、(鉄博へ)「行った」という向きもいれば「未だに行ってない」という向きもいますから、結局は嗜好の差なのかなと思います。

その2に続く)
[PR]

# by ar-2 | 2015-03-07 14:30 | 外出・旅行 | Comments(0)
2015年 03月 06日

鉄道博物館!!8181カシオペア!!ホームライナー逗子!!(予告編)

そんなわけで昨年12月の予告が実践され、本日某ブローカー様の接待で遠路を厭わず出撃してきました。して・・・
c0155803_23141884.jpg

c0155803_23143789.jpg

c0155803_2314561.jpg

c0155803_23151310.png

開館8年目にして初訪問の鉄道博物館を軸としての日帰り行でしたが、これほど充実した一日も久し振りではなかったか・・・。純度の極めて高い鉄ヲタで本当によかったと思う、そんな気概にさせてくれた一日でした。そして・・・

9ミリにおけるE26系「カシオペア」、そして発売予定のEF81 81入線の機運が暴騰しています!!(爆


いつも機運だけで困ったものですが、E233はUT仕様が出れば・・・等々の言い訳は兎も角として、本編はボリュウムを調整せねばならないので、記事編纂は後日にでも・・・。
[PR]

# by ar-2 | 2015-03-06 23:29 | 保存車両を訪ねて | Comments(2)
2015年 03月 04日

ブルーラインについに種別表示が!!

本日出勤時の乗車した25F。
何とはなしに行先表示を見やれば・・・
c0155803_2243157.jpg

遂にきたあああああああああああああああああああ!!!!


本年7月にブルーラインにおける急行運転の始まることは周知の通りですが、1972(昭47)年12月に産声を上げて43年、急行運転自体もさることながら横浜市営地下鉄の行先表示において、種別が表示されるのは有史以来初めてのことです。

少し以前から車内の自動放送のロムが交換され、それまでの高いトーンから低いトーンの女声へと変わりスポンサードも入れ替わっているようですが、そのあたりと種別表示はリンクしていたのかも知れません。急行運転は平日/土休日問わずのデータイム10~16時台であり、ウチの通勤時間帯とは全く被りませんが非常に楽しみです。我が国における第三線軌地下鉄の急行運転の前例は、思い浮かばないのです。
[PR]

# by ar-2 | 2015-03-04 22:59 | その他の鉄道 | Comments(2)